これが「片付け」の基本!お家・お部屋

片付けが苦手で、家をキレイにできないことで自分を責めたり、悩んでいる人達はたくさんいます。

「なんとかして片付けなくては!」と、片付け・収納の最難関である押入れから手をつけて挫折したり、収納グッズを買い足したりするケースがよく見られます。

ですが、そんなことをしても収納スペースが次から次へと増えるだけで、結局はモノが増え続けて家中がモノで溢れてしまいます。

そんな片付けが苦手な人や、もっと快適な家で暮らしたいとお悩みの方たちに、複雑なテクニックや考え方が不要の誰でも簡単にできる「片付けの基本」をご紹介いたします。

大事なことは、自分や家族が「どう暮らしたいのか。」で、「収納スペース」の役割は決まり、必要な「モノ」の量も決まります。

「理想の暮らし」・「収納スペース」・「必要な物」を把握したうえで、それぞれの場所の片付け・収納・清掃を行う必要があります。

自分や家族の生活に合った片付け

正しい片付けは、家の数だけ存在します。

片付け好きの家庭でありがちなのが、テレビや雑誌の情報通りに部屋を作ってしまうというケースがあります。

家族構成や自宅の構造によって、片付けの方法は異なります。

2LDKのマンションの収納例がどんなに素敵でも、一軒家のお家には合わないことが多いです。

たとえ同じ間取りだったとしても、各部屋の使用用途は違うことでしょう。

また、使用用途が同じでも、お子さんがいたり、高齢の方がいるかどうかによっても、その家に合った片付けは変わってきます。

まずは、家の間取りを書き出してみて、無駄な使い方をしていないか、使い勝手の悪い収納をしていないか、なくてもいいモノのために収納を作っていないか等、チェックしてみましょう。

片付けは家全体を見通して考える

家の片付けをする最終目標は、家全体をキレイにすることです。

玄関から廊下、リビングやキッチン、そしてトイレまで、どの部屋もキレイに片付けられていると、気持ちがいいものですね。

片付けでしがちなのが、子どもの部屋やリビングは整理できたけど、押し入れに要らないモノを詰め込んだという状態。

これでは、片付けを始めた意味がありません。

このようたケースが起きてしまうのは、部屋だけに意識が集中してしまい、家全体を見通せていないからです。

ただ闇雲に片付けても、整理されたキレイな家には近づきません。

作業に取り掛かる前に、まず生活の動線を見通すこと。

目の前の食器棚や散らかった部屋だけでなく、もっと広い視野で家全体を把握しましょう。

動線の物だまりに注意!

家族が団らんするリビングの一角に、たたんだ洗濯物や子供の学校の物などを、チョイ置きしていませんか?

どの家にも、複数の部屋へ行くための動線に、便利なために物だまりが発生しがちなのです。

これは家の動線を塞ぎ、さらなる散らかりの原因になりかねません。

物だまりのために設置した棚や収納ケースを取り除き、溜まった物を使っている場所に振り分けて、早急に解決しましょう。

物だまりが消えることによって、動線が片付き、家全体の使い勝手もよくなると思います。

動線を短くする

定位置を決めるポイントは、「自分や家族のラクな場所」です。

収納する場所と使う場所が遠いと、面倒くさくて定位置に戻さずに、あちこちにチョイ置きしてしまう原因にもなってしまいます。

使う場所の近くに定位置があれば、使ったら戻しやすいですよね。

種類ごとではなく、使い方で片付ける

違う場所で使うのに、1か所に洗剤のストックをまとめてたりしていませんか?

同じアイテムでも、使用頻度や用途が異なる物を同じ場所に片付けるのは、賢い方法とは言えません。

例えば食器にしても、毎日使う物もあれば、季節限定で使う鍋や来客用の食器のように、年に数回しか使わない物もあります。

「年に数回しか使わない物」を食器棚の一番取りやすい場所に置いてては、「毎日使う物」が取りづらくて不便です。

それを避けるためにも、使い方に応じて分類しましょう。

「毎日使う物」は手前に置き、「年に数回しか使わない物」は奥にしまってもいいと思います。

整理は見た目よりも使い勝手の良さを重視しましょう。

片付けの定位置を決める

部屋が散らかる一番の原因は定位置が決まっていないことです。

どこに何をしまうか、自分や家族のルールを決めることが片付けの近道になります。

言われてみれば簡単な事ですが、誰しもが知らず知らずのうちにルールを破ってしまうものです。

例えば、「爪を切るのに持ち出した爪切りを、リビングのソファーで切ったっきり、リビングのテーブルの上置きっぱなし...。」そんな経験ありませんか?

こうした些細なことの積み重ねが「物だまり」を作り、部屋を散らかしていくのです。

まずは、「毎日使う物」から定位置を決めていきましょう。

使用頻度が高いものは、自分や家族のとって取り出しやすい位置に置きましょう。

また定位置を決め、シールなどに片付ける物の名前を書いて分かりやすくしておくと、子どもでも上手に片付けられて、いいかもしれませんね。

片付けは自分や家族の変化や成長に合わせる

自分や家庭にあった片付けは、ひとつだけではありません。

年月が経ち年を取れば、同じ家でも片付け方法は変化していくものです。

子どもが成長すれば、遊ぶものもが変わり、よく使う物の定位置も変化するのです。

また習い事を始めたりすれば、物も増えていきます。

つまり、一度片付けたからといって満足していてはいけません。

片付けに終わりはないのですから。

子どもの成長や自分や親の体の変化を感じるたびに、適切な片付け方法を考えましょう。

片付けの専門業者「ユーティリティーサービス」相模原・町田・八王子対応

弊社は「お家・お部屋の片付け」以外にも、「自分たちで片付けたいけど、方法が分からない」という方への、「お手伝いプラン」というサービスも提供させていただいております。

対応エリアを相模原・町田・八王子エリアとしておりますが、ご依頼があれば何処へでも伺いますので、些細なことでもご相談ください。

  1. 2019.08.14

    孤独死や自殺などの特殊清掃で特殊清掃業者をおすすめする3…

  2. 2019.08.04

    町田に住む高齢者必見!年代別の生前整理

  3. 2019.07.14

    生前整理について相模原・町田・八王子在住の方から寄せられ…

  1. 2019.07.02

    遺品整理方法の考え方と遺品整理業者のうまい活用方法~相模…

  2. 2019.06.24

    生前整理を相模原で依頼する人が殺到中!?早めに対応してお…

  3. 2019.06.10

    生前整理は判断基準の共有!

  4. 2019.05.21

    特殊清掃の専門業者が解説!セルフネグレクトの症状

  5. 2019.05.21

    生前整理業者の相模原・町田・八王子限定「無料お見守りサー…

  1. 2019.07.14

    生前整理について相模原・町田・八王子在住の方から寄せられ…

  2. 2019.07.07

    相模原・町田・八王子の遺品整理のよくある質問!

  3. 2019.05.23

    知っておくべき生前整理・遺品整理・特殊清掃「業者の選び方…

  4. 2019.05.21

    遺品整理士が教える生前整理のコツ!

  5. 2019.05.21

    まずはコレ!終活のお悩み解決