生前整理を相模原で依頼する人が殺到中!?早めに対応しておくべき理由

皆さんは、「生前整理」と言う言葉を聞いたことがありますでしょうか。

今までは仕事を一生懸命やっていたが、定年を迎え今まで以上に家族のことを考えるようになった。

年齢のこともあるし、もし自分が突然不慮の事故や病気にあって万が一があれば、残された家族はどうなるのだろう。

こんな不安がよぎってくるものです。

そこで近年、生前整理が注目を集め、検討する人が増えてきています。

今回は、生前整理とはどういうものなのか、どうやって進めていくべきなのかを見ていきましょう。

生前整理とは

そもそも、生前整理とは何をするものなのでしょうか。

もし、家族の誰かが突然亡くなったときに、その故人の持ち物を整理することを遺品整理といいます。

対して、元気で生きているときに、持ち物を片づけることを生前整理といいます。

まさに、生前(生きている)ときに(整理)するということです。

いやいや、まだ自分も家族も元気だし、片付けなんてしたくない、そう思う人もいることでしょう。

しかし、生前整理こそ、体が動く元気なうちにやっておくべきなのです。

それは、残された家族に迷惑をかけないためです。

自分の持ち物は自分だけが理解しています。

どんな小さなものでも、思い出の品だったり価値のある場合もあります。

例え、家族からみればゴミのようなものでも。

本人が亡くなって、それらを処分するのはとっても困ってしまいます。
また、持ち物が増えれば増えるほど、引越し以上に片づけをするのは大変と言えます。

それらを残された家族に任せるのではなく、自分自身で解決するために、生前整理があるというわけです。

生前整理のメリットはたくさんある

では、生前整理をはやめにするメリットはどれくらいあるのでしょうか。

自分の意思で片付けができる

体が元気なうちに、生前整理をしておくと、自分の意志で片付けをすることができます。

つまり、必要なものやそうでないものの判断をしっかりできるということです。

例えば、本人以外では捨てづらいであろう写真や、形見、人形、書類などは、残された家族からすれば、捨てていいものかどうかを迷ってしまうはずです。

それらを自己判断できるということは、大きなメリットではないでしょうか。

家族の負担を軽減することができる

生前整理をあらかじめ済ませておくと、残された家族の負担が大きく減るというメリットがあります。

なぜなら、本人が亡くなった場合、家族でやることが非常に多いからです。

お通夜や告別式はもちろん、四十九日の対応をしながら遺品整理もすすめていかなければなりません。

精神的にも肉体的にも疲れ切っている家族からすれば、遺品整理はとても負担が重いもの。

ですから、自分自身が元気なうちに生前整理をしておくだけで、残された家族が少しでも助かるということです。

もし、家族のことを思うのであれば、早い段階で生前整理を検討しておくべきです。

見つからなかったものが見つかる

ふと、今まであったものがどこかに消えてしまった、なんてことは非常に多いのではないでしょうか。

そういうときに限って、探しても探しても見つからない。

普段片づけをしないのであれば、なおさら見つからないことでしょう。

しかし、生前整理をしていると、今まで片づけなかったところまで整頓することも多いため、探していたものが見つかるなんてことも。

生前整理は家族のためでもありますが、自分の大切なものを見つけるきっかけでもあるわけです。

思い出がよみがえる

何年も何十年も触っていない、押し入れの奥。

もはやホコリがかぶりすぎて、触るのもイヤにちがいありません。

ですが、生前整理をすることで、昔のアルバムや懐かしいものが見つかる可能性があります。

自分自身もそれを見て思い出にふけることができますが、家族にも話が盛り上がるネタができるといっても過言ではありません。

生前整理のやり方

生前整理 やり方

生前整理の意味や、メリットは少しでも知ることができた。

しかし、いざ行動にうつそうと思ったときに、どれからスタートすればいいのかを迷われるはずです。

そこで、ここからは生前整理のやり方についてお伝えします。

財産を把握してリスト化する

いくら家族が自分のことを知っているとはいえ、財産のことまで把握している、ということは少ないのではないでしょうか。

ですから、家族間でトラブルが起きないためにも、財産リストを作成しておくことが重要です。

例えば、土地や建物はもちろん、預貯金、有価証券など、多岐にわたります。

また、財産はプラスだけではありません。

人によっては負の財産もあります。

とくに負の財産は、大きなトラブルのもとになるため、確実にリスト化しておくことをおすすめします。

なぜなら、借金も相続の対象になってしまうからです。

たとえば、借金やローンなどが該当します。

必要なものとそうでないものを区別する

残された家族からすれば、どれがが大切なものか、そうでないのかなんて解りません。

古びて汚いカメラだったとしても、本人からすれば価値のあるものかもしれません。

ですから、貴重なものは確実に保管しておき、必要なものとそうではないものは区別するようにしましょう。

遺言書を作成する

財産があれば、それは家族に託されます。

しかし、だれにどれくらいの財産を相続するのかが解らないと、確実に家族間でトラブルになってしまいます。

そうならないためにも、相続対象や金額などを記載しておけば、トラブルも少くなることでしょう。

ただし、遺言書は書き方によって無効になってしまう可能性があるため、自分の意志とは真逆の方向に進んでしまうケースもあります。

生前整理を専門業者に依頼する

やはり、生前整理は時間も労力もかかってしまうため、自分では対応できないことがあります。

時間がかかってしまうくらいなら、プロにお任せして自分は好きなことができればベストではないでしょうか。

そこで、生前整理の専門業者にお願いすることで、楽にそして完璧に対応してくれるというメリットがあります。

生前整理なら相模原の「ユーティリティーサービス」へ

生前整理を専門業者に依頼するなら、相模原のユーティリティーサービスへ。

当社は、生前整理や遺品整理に特化した、専門の会社です。

お電話をいただければ、訪問後にお見積もりをいたします。

そのときには、みなさまにご迷惑をおかけしないよう、しっかり搬入経路を確認。

また、不用品で買取れるものがありましたら、金額の算出をいたします。

金額にご納得いただけましたら、ご契約となります。

収集から分別、梱包、搬出が終わり、しっかり清掃まで対応。

これにて作業が完了です。

もし、お見積もりに関することや、その他不明点があれば、お気軽にお問合せください。

ユーティリティーサービスの「無料お見守りサービス」

  • 月2回の定期訪問確認
  • 24時間相談受付
  • 緊急時駆けつけ
  • 買い物や電球交換等の代行サービス

孤独死やセルフネグレクトに陥る方が増えている現状を、第一線で目のあたりのしている弊社が、社会からの孤立の防止対策と地域ネットワークの構築のきっかけになればと「生前整理」「終活を伴う片付け」「ゴミ屋敷片付け」の作業後に希望するお客様へ無料提供しています。

まとめ

ここまでのことをまとめますと、

  • 生前整理はギリギリではなく早めに対応すること
  • トラブルのもとになりそうなものはリスト化しておくこと
  • 生前整理は手間がかかるため専門業者にまずは相談してみること

年齢を重なれば重ねるほど、生前整理をするのがとても大変になってくるはずです。

もちろん、自分自身で生前整理するのもいいですが、その時間を有効活用するためにも、プロの専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

相模原のユーティリティーサービスでは、スタッフ一同、心よりお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 知っておくべき生前整理・遺品整理・特殊清掃「業者の選び方」

  2. 生前整理は判断基準の共有!

  3. 生前整理業者の相模原・町田・八王子限定「無料お見守りサービス…

  4. 知る人ぞ知る「ゴミ屋敷」の危険性

  5. まずはコレ!終活のお悩み解決

  6. 相模原・町田・八王子の遺品整理のよくある質問!

  7. 町田に住む高齢者必見!年代別の生前整理

  8. 遺品整理士が教える生前整理のコツ!

  9. 孤独死や自殺などの特殊清掃で特殊清掃業者をおすすめする3つの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。