生前整理は判断基準の共有!

考えたくはないけれど、いずれ誰しもが訪れる老いと死。年を取ってくると、「残された子供たちに迷惑をかけないためにも、家の中を片付けておかなくては」と考える人が増えてきます。出来ることなら元気なうちに、ある程度片付けておきたいと思うものです。

一方で子供たちも、「親が元気なうちに、少しずつでも片付けておかないと、いざとなったと時に大変」と考えます。

親も子も「今後の為にも片づけたい」と思っているのです。

ですが、現実にはなかなか片付けられません。

それは、物が減らない事情を抱えた親と、離れて暮らす子供とでは、判断基準が違うからです。

生前整理で思い出の物を無理に選別しない

生前整理をするにあたって重要なポイントは、「親の思い出の物を、いますぐに捨てようとしない」ということです。

「それでは、生前整理にならないじゃないか」と思われるかもしれませんが、実はとても大切なことです。

実家の片付けはとは、99%を捨てることです。しかし、生前であれば家で親はまだ暮らします。暮らすうえで困っていないから、大量に物が置いてあるのです。ですから、生前整理から慌てて捨てる必要はないのです。

生前整理で大切なことは、「親が何を大事にしているのか」、「何を残したいと考えているのか」その判断基準を親と子で共有することです。

子供の判断基準で、「残す」「処分」を決めてはいけません。

子供だけが張り切って実家の片付けに取り組むことは、親にとって迷惑なだけです。

生前整理の物の引き継ぎ

生前整理で行うべき1つは、大量にある物の引き継ぎです。

実家の片付けで行うことの1つとして、膨大な量の物を処分することです。それも99%を処分することです。ですが、物の量だけに目を向けてはいけません。

大切なのは、量ではなく質です。

物の引き継ぎは、遺品の持ち主である親の意向を、どれだけ生前に引き継げるかが重要になります。すなわち質とは、親から子への引き継ぎ、生前のコミュニケーションが大切になります。

残す1%を見極めるためには、親と子の生前のコミュニケーションこそが重要になります。

生前整理で親の物に対する思いを理解しよう

具体的には、昔話を聞くだけでOKです。おのずと物にまつわる親の思いが伝わってくるはずです。

物に視点をあて、親と生前にコミュニケーションをとっておくことで、遺品整理の際に残す物を見極めることができるでしょう。「このダイニングテーブル昔からあるけど、いつ買ったものなの?」このように聞けば、親のダイニングテーブルへの思いが理解でき、亡くなった後にダイニングテーブルを捨てることに迷わなくて済みます。

生前に親と物に視点をあててコミュニケーションをとることによって、親にとって思い出が詰まった物でも、そんなに価値があるものでもない、子供に残したいほどの物でもない、などといった親の思いが理解でき、たとえ気持ちでは親の死を受け入れられていなくても、捨ててもいい物が判断できます。

物の引き継ぎができていれば、遺品整理の最初の一歩を踏み出すことができるのです。

生前整理で財産の引き継ぎ

親が亡くなった際に、相続にも関係する重要な問題が財産です。現金、通帳、貴金属、価値のある美術品など、お金に換金できる物から、別荘といった不動産など、どれくらいの財産を、どこにいくら持っているのか把握しなければなりません。

ですが、これらの財産を親自身も正確に把握できていないことが多いです。

分かりやすい例が銀行の通帳です。

普段使っている銀行であれば、通帳と印鑑の場所は決まった場所に置いてあるでしょう。しかし問題はそれ以外の銀行口座です。残高はいくらも残っていないかもしれませんが、財産の1つであることには間違いありません。

問題なのは、そのような銀行通帳の置いてある場所、さらには存在すら親自身も忘れてしまっていることです。

銀行の場合は10年、ゆうちょ銀行の場合は5年以上たった物のうち、預金者と連絡がつかない「眠っている」銀行預金のことを休眠口座と呼びます。

休眠口座は、日本全体で毎年800億円以上になると言われています。実家には休眠口座がどこかに眠っている可能性があるのです。

生前整理で財産の保管場所を確認しよう

生前整理で、親自身も忘れている可能性の高い、財産の保管場所を確認し、把握しとく必要があります。そのための効果的な方法が、相談です。

例えば「いまうちでは、通帳と印鑑はタンスの引き出しの中に置いているんだけど、それで大丈夫かな?お母さんはどうしているの?」と相談してみましょう。自分の事を相談して、助言を求めるのです。

相談されれば親としてアドバイスをしてくれます。「うちではこうしているよ」「現金はここに置いているよ」といった財産の引き継ぎのきっかけができるでしょう。

財産管理について、コミュニケーションをとることによって、忘れていた古い通帳や現金以外の財産のことを、親が思い出すきっかけにもなるかもしれません。

ただし、何年も実家に帰らず、会話もしていない関係性のなか、子供がいきなり「通帳はどこに置いているの?」などと聞けば、関係が悪化し生前整理の話ですら、聞く耳を持ってもらえなくなってしまっては本末転倒なので、日頃からコミュニケーションをとるように心掛けましょう。

遺品整理に直結する気持ちの引き継ぎ

一般的に「親が亡くなることなんて、あまり考えたくない」と思う気持ちは子供として当たり前の感情です。離れて暮らす親に、年に何度か会うたびに老いを感じ、「親の死」が頭をよぎったとしても、現実から目を背けてしまうものです。

しかし現実は、生前整理から自分の気持ちを整理しておかないと、いざというときに戸惑うことばかりです。

物や財産の引き継ぎも重要ですが、最も重要なのはあなた自身の気持ちの引き継ぎです。気持ちを引き継ぐための生前整理と親とのコミュニケーションを大切にしましょう。

気持ちの引き継ぎで遺品整理が変わる

いざ親が亡くなったとなれば、誰でも動揺します。そして、気持ちの整理がつく暇もなく、葬儀の手配や相続の問題など、様々な手続きに追われてしまいます。

そして、そうした問題や手続きからようやく解放されたときに、抑えていた感情や悲しみが押し寄せてくるのです。「生前に、もっと親孝行ができたのではないか」「ついこの間まで、ここに母が座っていたのに」といった様々な後悔や悲しみの感情が遅れてやってきます。

そのため、生前に気持ちの引き継ぎができていないと、気持ちをなかなか切り替えることができず、遺品整理を先延ばしにしてしまうケースが非常に多いです。

もちろん、親の死を割り切りなさいという意味ではありません。

生前整理から親とコミュニケーションをとり、親の希望を聞いておくだけでも、不安や後悔がいくらか少なくなるでしょう。なかなか聞きにくいことですが、お寺とのお付き合いや、お墓の場所などを話題にしてアプローチしてみるといいでしょう。

生前整理で人間関係を把握しておこう

親が亡くなったときに、必ず遺族が一番最初に困るのが、葬儀に誰を呼んで、誰を呼ばないかです。親の生前の交友関係は、子供には全く分かりません。親戚はまだしも、会社関係、趣味関係、昔からの友人となると、見当もつきません。

ですので、葬儀の際に必要な親の人間関係を知るための、リストを用意してもらうしかありません。

エンディングノートを使って、親自ら残しておいてもらえれば子供は助かりますが、そうでない場合は、子供から「緊急連絡先」と言って、リストを作ってもらうように頼むのが有効です。緊急連絡先が分かっていれば、いざ葬儀になったときに、最低限の人たちには伝わるはずです。そして友達から友達、かつての同僚から同僚へと連絡が回るでしょう。

生前整理で空き家対策

生前整理の引き継ぎは、建物や土地に関しても必要になります。つまり、亡くなった後に「親が住んでいた家をどうしてほしいと考えているのか」また「子供はどうしたいのか」を話し合わなくてはいけません。

離れて暮らす子供が、親の家を引き継ぐのも一つの選択肢でしょう。

しかし多くの場合、子供はすでに暮らしている地域での生活があります。現実的には、「売却するか」「賃貸に出すか」の二択になるでしょう。

子供側としては、自分たちの暮らしぶりと将来の予定を伝えてみましょう。「今住んでいる地域で、娘は幼稚園で友達もできたし、ママ友とも良いお付き合いができているし、このままこの場所の小学校に通わせたいから、当分実家に帰って暮らすことは難しいと思う」などと、普段の会話から自分たちの将来的な暮らしを伝えることで、親の意向も聞き出せ、遺品整理の際の後押しとなってくれるでしょう。

生前整理・遺品整理を得意分野とする相模原・町田・八王子の「ユーティリティーサービス」

ユーティリティーサービスでは、生前整理の片付けのアドバイスや、遺品整理の際の手続きや届けのサポート、建物のお悩みの解決までサポートいたします。

対応の相模原・町田・八王子のお住いの方から、関東圏内の御依頼・ご相談まで対応させていただいております。

関連記事

  1. 生前整理を相模原で依頼する人が殺到中!?早めに対応しておくべ…

  2. 知っておくべき生前整理・遺品整理・特殊清掃「業者の選び方」

  3. 知る人ぞ知る「ゴミ屋敷」の危険性

  4. 特殊清掃の専門業者が解説!セルフネグレクトの症状

  5. 遺品整理士が教える生前整理のコツ!

  6. まずはコレ!終活のお悩み解決

  7. 相模原・町田・八王子の遺品整理のよくある質問!

  8. 遺品整理方法の考え方と遺品整理業者のうまい活用方法~相模原で…

  9. 町田に住む高齢者必見!年代別の生前整理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。